つけすぎにご注意

cure

ロゲインを頭皮に塗れば、含有されたミノキシジルが早速、電光石火のように効果をあらわして、翌朝目が覚めてみるとフサフサヘアになっていた……!
なんてことはないので、注意が必要です。ミノキシジルは毎日使うことで、体内にパワーを蓄積させていき、じわじわとAGAの症状を抑えていくという成分です。目に見えて効果が出てくるのは、大体使い始めてから6ヶ月後であるといわれています。「ずいぶん長いじゃないか」と思われるかもしれませんがこれが現代医学での最速であり、6ヶ月経って効果が出れば、あとはもうフサフサヘアが順調に完成していくのを待つだけです。
というわけで、最初の6ヵ月間はとりあえず1日も欠かさず使いながら待つ、ということが大切なのです。

くれぐれも避けなければいけないのは、6ヶ月の間に焦ってしまうこと。ミノキシジルを使っている限り、いきなり効果が現れることはなくても必ず最終的には満足のいく結果が得られるのですから、「果報は寝て待て」の精神で余裕をもって待ちましょう。
しばしば陥ってしまいがちなミスは、焦った挙句に使う量を自分で勝手に増やしてしまうということです。ロゲインの場合は、大体毎回1mg、つまり1円玉くらいの容積の液を手に取って塗りこむこと、と決まっていますが、焦った挙句、毎日バシャバシャとたっぷり頭皮にぶっかけるというミスを犯してしまうことも考えられます。しかしこれは危険なこともあるのでやめましょう。
ミノキシジルはどのような形であれ、摂取しすぎると副作用が出やすくなってしまいます。せっかくフサフサヘアを取り戻し、溌溂とした若さを取り戻そうというのですから、副作用で体調を崩してしまうことがないよう、注意しましょう。